少量から増やしていく

herbal medicines

バイアグラは、主に3つの製品が販売されており、それぞれに主成分シルデナフィルの含有量が異なります。
含有量が少ない順に、「バイアグラ25mg」「バイアグラ50mg」そして「バイアグラ100mg」があります。
シルデナフィルの含有量は、バイアグラの効き目の強さに比例します。つまり、「25mg」よりも「100mg」のほうが強いのです。
なぜ3種類も存在しているのかというと、体格や体力に合わせて選ぶ必要があるからです。「25mg」は日本独自の製品で、もともとバイアグラが開発され、発売された当時のアメリカでは「50mg」「100mg」しかありませんでした。マッチョで健康なスポーツマンタイプのアメリカの若者は、「100mg」がちょうどいい、という感じなのです。
一方、欧米の人たちに比べれば全体的に体格が小さめの日本人の場合、ちょうどいいのは「50mg」であるといわれています。
さらに、中年以降体力が落ちている人には「25mg」がちょうどいいとされています。

初めてバイアグラをのむとき、効き目が強すぎるよりは弱すぎるほうが体にダメージがなくてよいので、できれば「25mg」から始めるべきだといわれています。
効き目が強すぎると、「頭痛」「めまい」「動悸」などの副作用が強く出てしまうことがありますが、効き目が弱い分には特に副作用などの心配はありません。
「25mg」を飲み、足りなければ「50mg」を使ってみる……というふうに徐々に増やしていって、自分に合う量を見つけていきましょう。